HOME>イチオシ情報>一時的な収納・保管場所に困った時の対処方法
レンタルコンテナ

オフィスを効率化

オフィスが手狭になってきたと感じたら、収納スペースが不足しているせいかもしれません。普段は使わない帳票類や資料が大量にあると、カウンターやキャビネットを占領してしまい、本来の仕事に使えるスペースを圧迫することになります。かといって法で保管年限を定められた重要な書類を捨ててしまうわけにもいきません。いろいろな書類が雑然と保管されていると、税務調査などの際に必要となったとき、置き場所を探すのにも一苦労です。このような悩みを解決する方法のひとつは、トランクルームを上手に活用することです。ハローストレージは全国各地に拠点を持つ日本最大級のレンタルスペース会社です。

物件数が豊富

トランクルームは料金が安くても郊外の僻地にあると、出し入れに手間がかかり結局はコスト高になってしまいます。ハローストレージは都市近郊に多くの物件があるため、オフィスの近くに見つかる可能性は高いでしょう。また保管スペースの広さや建物の設備にも多様なタイプが用意されており、保管する物の分量や内容に合わせて、最適な物件を選ぶことができます。無駄な費用を払わないで済むのがメリットのひとつと言えるでしょう。

好きなときに出し入れ

ハローストレージは基本的に24時間365日出し入れ自由なので、緊急の用件があっても即時対応することができます。最近ではスマートフォンで開閉できる物件も増えており、利便性には最大限の配慮がなされています。また天災や盗難などの非常事態に備えるため、セキュリティー面でも最新の設備が導入されているのが特徴です。低コストでオフィスの効率化を図りたいなら、移転や拡張を考える前に、レンタルスペースを利用してみてはいかがでしょうか。

広告募集中